ジャニオタパーソナルカラー診断を受ける②

 

f:id:bechi5:20170522122850g:plain

パーソナルカラーは4つの季節に分けられます。

 

イエローベースである春(スプリング)、秋(オータム)

ブルーベースである夏(サマー)、冬(ウインター)

 

 イエベは黄色みの強い肌に薄茶色の瞳でブルベはピンク味の強い肌に焦げ茶~黒の瞳といわれております。ただピンク味の強いイエベも黄味の強いブルベもいます・・・

※因みにイエベ/ブルベでおなじみなのがカバーマークですが、カバーマークのイエベ/ブルベとパーソナルカラーのイエベ/ブルベはまったく違うものです。

カバマでY(イエベ)を勧められるけど、パーソナルカラーはブルベ(その逆も然り)はいらっしゃいます。

 

 

ここら辺は詳しく書かれているサイトを見たほうが良いかと思いますが、パーソナルカラーとは顔の近くにその色を持ってきたとき、より肌がきれいに血色よく見えるカラーってことですね。

同じ赤でも黄色味の強い朱赤と青みや紫が強いワイン色、そのどちらを顔の近くに持ってきたら顔が生き生きと見えるか、ってことです。

コンサートでトップスにメンカラをもってくる方も多いかと思いますが、似合う色で顔映りをよくしたら、よりいっそうテンションもあがるものかと↑↑↑↑

 

f:id:bechi5:20170522113612p:plain

冬のわたしの顔周りに持ってくると映える色。

冬という診断結果が出た後、わたしのトップスはほぼ白、黒、グレーです。たまに赤などが入りますが。苦手なイエベカラーはほぼボトムスとして使用しています。(ベージュやカーキなど)

似合わないカラーを使用するときは、なるべく顔から離して取り入れるというアナリストさんの教えを忠実に守っているわけです。

 

さて。そんな一人語りはさておき、次から実際に受けた診断の流れを・・・書こうと思います。