ジャニオタ骨格診断を受ける

PC診断とともに骨格診断も受けてきたのでそちらも書き出そうかと思います。

 

骨格診断とは・・・筋肉のつき方、脂肪のつき方、関節や骨格などを診断し、その人に似合うファッションアイテムを導き出す、とのこと。詳しくは下記参照)

骨格診断とは|一般社団法人骨格診断ファッションアナリスト認定協会

 

 

①まずこちらもアンケートを記入。普段どんな服を着ているのか。どんなところが悩みなのか、どんな着こなしをしたいのか・・・など。

わたしはゆるっとしたトップスやワイドパンツが多く、ぴたっとしたボトムスが苦手。襟付きシャツやVネックのトップスが好きでボートネックは苦手。スカートはAラインばかりなので、ペンシルタイプを履きこなしたいと回答。

 

②鏡の前に移動し、触診を受ける。肩の張り具合、胸の厚み、腰の肉付きウエストライン、太ももの筋肉の張り、ひざ関節の骨具合など。

 

③アナリストさんが作成したフローで確認。

首は短め・・・ストレート

手首は細くやや丸い・・・ストレート

手のひらは肉厚で大きいけど筋張っているほどでもない・・・ストレートウェーブ

腰のラインはウエストの一番くびれているところから骨盤までの長さがある・・・ウェーブ

胸の厚みは薄い・・・ウェーブ

鎖骨は細い浮き出ている・・・ウェーブ

腰の位置は低い・・・ウェーブ

 

バストアップ以上はストレートだけれども、胸から下はほぼウェーブとの診断だったので、結果ウェーブとなりなした。

 

診断を受けて衝撃だったのが、エストから骨盤までが長いということでした。なんとなくそうだと、胴長チックにみえるなあと思っていたのを、突きつけられた衝撃・・・

腰骨で履くボトムスを履くと、なんか足が短く見えるし、胴が間延びして見えるのは、わたしの骨格がウェーブだったからのようです!!!!納得!!!!

 

あとはテキスト通りの説明を受け、その日着ていた服をこう着るとよいよという実践をうけ、軽いアンケートを記入して終わり。

PC診断とあわせて大体2.5時間くらいでした。2.5時間で2万弱を高いと思うか安いと思うか。帝劇の舞台1本とグッズを買って軽いお茶くらいはできる金額ですね。でもその金を自分への投資と考えればいいのではないかなーと。

 

診断を受けて、なるべくトップスはイン。ウエストマークをすることをしていたら、痩せた?っていわれることが多くなったので、結果が出ていると実感している毎日です。

 

本当にPC診断、骨格診断はお勧めです!